自分の人生を生きる

スタートアップミーティング2

この記事は約17分で読めます。

それでは、スタートアップミーティング2を始めます。

はじめに

活動のロードマップ

ミーティングの際は、「次のミーティングまでにやるべきこと」をToDoリストとして毎回必ずアウトプットするようにしましょう。

これをやると、次のミーティングの日時が近づいてきても、「前回通話時にいただいた宿題はちゃんと終わらせられてるな」と確認でき、安心して通話に臨めます。

ですので、個別サポートグループにメモを書き込みながら集中してご参加ください。

フィードバック

  • 学習コンテンツの進捗しんちょく状況はいかがでしょうか?
  • 学習コンテンツを見てご感想はいかがですか?
    特に印象に残ったコンテンツは有りますか?

このビジネスについて

このビジネスの優位性

1.多馬力・成果報酬
2.リスクが限定的
3.先に始めたメンバーとwin-winウィン ウィンが成立する

多馬力・成果報酬

  • 一馬力ではなく多馬力なので、自分が動けない時でも組織は止まりません。
  • 時給ではなく成果報酬なので、一日24時間の制限は関係有りません。
  • ピンクの点線を超え、自営業にもサラリーマンにも実現しえない、複利的に収入を増やす可能性を秘めています。

リスクが限定的

このビジネスにおけるリスクは何か?





それは「月会費」です。
収入を得られないまま「月会費」を払い続けてしまうことがほぼ唯一のリスクです。

ですが、月1万5千円の会費は、年間でも”わずか”18万円です。
その月会費すらも、4人の紹介者を出せばタダになります。

同じく権利収入を得る方法として代表的な、不動産投資と比較してみると分かり易いです。

一般的に、不動産投資は初期費用は数百万円、加えて銀行借入かりいれは数千万円必要です。
もし空室くうしつになった場合、一室月10万円前後の家賃が得られず、一方で銀行借入の返済へんさいは必要です。
コロナで都心に住む方がリスクとなればいつ地価が暴落してもおかしくありません。地震や火災で不動産自体を失うリスクさえ有ります。


ですが、このビジネスは
どんなに景気が良かろうが悪かろうが、年間のリスクはわずか18万円だけです。
これ以上の損をすることはあり得ません。

権利収入を築くうえでこれほどローリスクなビジネスは他に有りません

  • 唯一のリスクは「月会費」なので、リスクは上限が決まっている
  • その唯一のリスクである「月会費」ですら、権利収入を築くうえでは安すぎる
  • 4人の紹介者を出せばノーリスクになる

each Brandの価値について以下記事を合わせてお読みください。

先に始めたメンバーとwin-winが成立する

ビジネスでもスポーツでも、参加者が多ければ多いほど競争は激化します。
そして、一般的に、先に始めた人の方が、経験やノウハウやスキルの蓄積ちくせきが有って有利なことが多いです。

そして、その有利な立場にいる人は、当然、後から参入した参加者にノウハウやスキルを伝授しません。

なぜなら、それは、敵に塩を送るようなことなので、
教えたら損だからです。
相手と自分が、win-loseウィン ルーズになってしまうからです。

ですが、このビジネスは、自分が紹介を出して組織を拡大することが、アップラインの組織拡大でもあります。
win-winが成立しますので、アップラインは惜しみなく時間を割き、無償むしょうでノウハウやスキルを伝授します。

加えて、このeach Brandでは直接の金銭的な利害関係が無くても協力関係を築くのが当たり前の文化が醸成じょうせいされていて、協力し合った方が長期的に見てwin-winだということを全員が理解している奇跡的な集団です。

  • 他のビジネスであれば有り得ないですが、先に始めた参加者ともwin-winが成立するため、アップラインは惜しみなく時間を割きノウハウやスキルを無償むしょうで伝授する

以上が、このビジネスの大事な優位性3点です。
ここまではよろしいでしょうか?

具体的な活動内容について

リクルートの「やり方」

このビジネスは紹介を出していくビジネスです。
重要なのは「やり方」より「在り方」ですので、特にこの「やり方」でやらなければいけないという決まりは有りません。

ですが、今回はどんな「やり方」が有るのか、について説明したいと思います。

オンライン v.s. リアル

この二つのメリットデメリット・違いについては、Soichiroさんがリアルリクルートトレーニングで分かり易くご説明してくださっているので、冒頭の26分だけでも真っ先にご視聴ください。



このトレーニングでは、「T-UP*」「興味付けにとどめる」「ニーズの有無うむがリクルートの成否を分ける」などオンラインリクルートにも通じる超重要な考え方についても説明されています。

*「T-UP」とは、簡単に言うと「情報に価値付けをすること」です。

「サプリメント」で例えてみます。



「このサプリメントを飲み始めてからすごく調子が良いから、あなたも飲んでみてよ」

と自分の母親に言われた時と、お医者さんに言われた時、どちらが素直に「飲んでみよう!」と思うでしょうか?

おそらくお医者さんに言われた時だと思います。

同じ「サプリメント」なのに誰のクチから紹介されたかや、どのように伝えられたかで、その価値が一変してしまいます。

今回の例で言えば、

お医者さんには
「T-UPがかかって・・・・いて、

母親からには
「T-UPがかかっていない・・・・・・・あるいは「T-DOWNされている」

と表現します。

「このビジネスはT-UPに始まりT-UPに終わる」と言われるほどT-UPは大事な概念です。

T-UPについてカフカさんがご説明下さっている動画が有りますので、
後ほど必ずご覧ください。

オンライン
リクルート対象

SNS上の友達・フォロワー・つながり

デメリット
  • リスト集めをゼロからやるので時間がかかる
  • 信頼関係が無い状態でのスタートになる
メリット
  • 再現性が高い
    みなさんがゼロからのスタートで成果を出されてきているので、そのノウハウが蓄積されている
  • 過去の自分やプライベートを知られていない分、自己T-UPをかけやすい
リアル
リクルート対象

直接お会いしたことの有る友人・知人、同僚、身内

デメリット
  • リストが限られているので、失敗できない
  • 失敗したらとても傷つく
  • 再現性が低い
    (今まで築いてきた関係性・本人のキャラクター・社会的地位などに左右される)
  • リクルート対象が自分のことをよく知っていることが逆にT-DOWNになる可能性がある
    (自分の過去・プライベートを知っている分、T-UPがかからない)
メリット
  • 既存の人脈を使えばよいのでリスト集めが不要
  • リクルート対象との信頼関係が出来ている場合が多いので、参加後に最強の相棒になる&活動が楽しくなる

プッシュ型 v.s. プル型

オンラインリクルートにはプッシュ型とプル型があります。
我々のグループでは、まずはプッシュ型をオススメしています。

その理由については、後ほど以下記事をご参照いただければと思います。

プル型
リクルート媒体

ブログ、YouTube、LINE公式アカウント

リクルート方法
  • 視聴者を集める
  • 設置したアフィリエイトリンクから動画を視聴してもらう
  • コンサルに申し込んでもらう
  • コンサル担当が参加の手続きをする
デメリット
  • 高度なノウハウ・スキルが必要なので、再現性が低い
  • 成果が出るまでに時間がかかるので、モチベーションが維持しにくい
  • こちらからアプローチをするわけではないので、いくら投稿を続けてもリクルートに繋がらない可能性が有る
  • 連鎖を起こしにくい
メリット
  • 一度に多くの視聴者にアプローチすることが可能
  • ブログ・YouTube・LINE@などが資産になる
  • クリエイティブな作業なので楽しみ易い
プッシュ型
リクルート媒体

Facebook、Twitter、Instagram、Linkedin

リクルート方法
  • SNSでお会いしたことの無い方と繋がる
  • メッセージのやりとりの中で「動画をご覧になりませんか?」とお声がけしていく
  • 興味を持たれた方に動画をお渡しする
  • 興味を持たれた方をコンサルに繋ぐ
  • コンサル担当が参加の手続きをする

デメリット
  • 初めは極めて労働収入的
  • コピペの単純作業に陥りがちなので楽しむ工夫が必要
メリット
  • 高度なノウハウ・スキルが必要無いので、再現性が高い
  • こちらからアプローチする以上、手を止めない限り必ず求めている方に届けることが出来る
  • 成果が早く出るので、モチベーションが維持し易い
  • 連鎖を起こし易い

以上、リクルートの「やり方」ごとにメリットデメリットをご説明しましたが、ここまでよろしいでしょうか?

【実践編】成果が出る人の5つの特徴

前回のミーティングでお伝えした、成果が出る人の5つの特徴を、今回はより深堀して実践レベルに落とし込んでいきたいと思います。

  • 活動を楽しむ
  • 素直さ
  • 優先順位のつけ方
  • 成功者との時間共有
  • 報連相

「活動を楽しむ」の実践

積極的にコミュニケーションをとる

部活や受験などで苦しい時、チームメイトや同級生も同じように頑張っていたから頑張れた、という経験が有る方も多いと思います。

このビジネスも同じです。

苦しい時も有ると思いますが、それを一緒に乗り越える仲間がいるから頑張ることが出来ます。

時間やお金の自由を得るという夢を追いかける実生活ではなかなか出会えない、夢を応援してくれる貴重な仲間です

each Brand、answersには個性豊かで素敵な方がたくさんいらっしゃいます。
是非ぜひ、積極的にコミュニケーションをとり横のつながりを楽しんでください。

活動を楽しむ
  • 積極的にコミュニケーションを取る

「素直さ」の実践

この活動における「素直さ」を発揮する行動とは「アップラインのアドバイスを”素直に”実行すること」です。

アップラインは今後、質問や悩みに対して色々なアドバイスをくれると思います。

もしかしたら、時には違和感を感じることも有るかもしれません。
アップラインも人間ですので、間違ったことを言っているかもしれません。

ですが、先に参加し、色々な試行錯誤を繰り返し、活動を継続され、現時点ではより多くの成果を出されているのも事実です。

もしかしたら違和感を感じる内容かもしれませんが、しっかりと実績に裏打ちされたアドバイスであるはずです。

そして、その「違和感」の正体こそが「成果の秘訣」かもしれません。

ですので、まずは、成果を出されているアップラインのアドバイスを「素直に」即実行してみてください。
そのうえで違和感が有ればぜひ相談してみましょう。

また、「素直さ」は、自分がアドバイスをもらえる人間になるという意味でも非常に重要です。

アドバイスをもらえる人間になるためになぜ「素直さ」が重要なのか?を分かり易く説明しているYouTube動画をご紹介します。

ミーティング後に是非ご覧になってみてください。

次に繋げる働き方-西野亮廣
素直さ
  • アップラインのアドバイスを「素直に」即実行することが、成果へのショートカット

「優先順位のつけ方」の実践

成果が出る人は優先順位のつけ方が優れています。

分かり易く、「時間」を例にとります。

成果が出ない人の多くは、この活動にく「時間が無い」と言います。
ですが、それは気のせいです。


「時間が無い」のではなく、「この活動」よりも「他のこと」を優先して、「他のこと」に時間を割いているだけということが多いです。

  • 寝る時間や友達と遊ぶ時間を惜しんで練習をした人が部活のレギュラーになる
  • 家庭をかえりみず仕事に人生を捧げた人が出世する
  • 嫌いな数学よりも、好きな英語の方が自然と勉強時間が長くなり、点数が高くなる

といったように、「何を優先するか?」「何により時間を割くか」はシンプルに成果に反映します。

「この活動」に時間を割けば「この活動」で成果が出ます
「本業」に時間を割けば「本業」で評価されます
「友人との飲み会」に時間を割けば「友人と仲良く」なります

理想とする未来は人それぞれですので、何に時間をより多く割くかは人それぞれです。

ですが、時間の投資先は是非、慎重に冷静に選んでください。

最も優先させたいことは何か?
最も叶えたいことは何か?
それを達成させるためには、今何をすることが最短最速か?

優先順位を”人生レベルで”考えてください。

優先順位のつけ方
  • 優先順位を人生レベルで考える

※優先順位を学ぶ上で最強の教材が「習慣のオーダーメイドトレーニング」ですので、ご興味がお有りの方はご覧になってみてください。

習慣のオーダーメイド・トレーニング
親からの遺伝子ではなく、その後の経験こそが重要だと思う賢明なあなたへ 最新の脳科学の見地から、人間の知的パフォーマンスを極限まで高める方法を伝授します 「遺伝子で才能は引き継がれない」という主張が、現

「成功者との時間共有」の実践

成功者との差を埋める

成果が出る人出ない人の違いを便宜上5つにまとめていますが、その差は日常生活の些細なことや、考え方の僅かな違いに現れます。

そしてこの違いは、成果が出ている人と時間共有をする以外に気づく方法が有りません。

是非ぜひ、可能な限り多くの時間、成果が出ている人と時間を共有し、成果が出ている人と自分との差を埋めていきましょう。

成果が出ている人との時間共有の例
  • リアル会(オフ会・ランチ会)
  • ZOOMミーティング
  • アップラインとの定例通話
  • 活動報告
  • 個別サポートグループでの会話
  • 読書や教育系・ビジネス系YouTube

確信を強める

このビジネスは、口コミで紹介をしていくビジネスです。

ですので、自分が「このビジネスは凄く良いからオススメしたい!」と思って思わず口コミしてしまうというのがこのビジネスの理想の在り方、本質です。

とはいえ、参加後間もないのにこのビジネスへそれほど強い確信が有る訳もありません。

ここで覚えておいてほしいのは、結果を焦らず、確信が強まってから活動を始めたほうが成功する可能性が高いということです。
言葉に気持ちがこもっていないと直ぐに分かってしまうからです。

では、どうすればこのビジネスに確信を持って「オススメしたい!」と思えるようになるのか?ですが

それにはまず、
「このビジネスを知る」必要が有りますし、
「このコミュニティを知る」必要が有ります。

「あのレストランは料理も美味しいし、接客も最高なんだよ!」と思わずオススメしてしまう時、料理のことや、働いている人のことについて、良く知っているはずです。

それをこのビジネスに置き換えると、
学習コンテンツを何度も見直してこのビジネスについて知ったり、
学習コンテンツが準備されているこの環境が恵まれていると気づいたり、
アップラインや他のメンバーさんと時間を共有をしてコミュニティの価値を知ったり
することです。

友人知人・身内で紹介したい方が思い浮かんでいても、自信をもって紹介出来る確信が得られてからお声がけすることをオススメします。

友人知人・身内は強力なビジネスパートナーになり得るので、可能な限り失敗を避けましょう。
しっかりと準備をして、どのようにお声掛けをして、どのタイミングでどのシチュエーションで動画をお渡しするのか、アップラインと綿密に打ち合わせをし、満を
してお声がけしましょう。

アップラインとの時間共有は、効果の高い順に

直接会うこと > ビデオ通話 > 音声通話 > 動画・音声視聴 > 文字のやりとり

ですので、是非意識的に時間共有をして、自分の確信を自分でコントロールしてください。

成果が出ている人がこのビジネスに確信を持っているのは、

このビジネスが「確信を持つに値するビジネスだから」というだけでなく、

その人が「確信を高める習慣を持っているから」です。

成功者との時間共有
  • 思わずオススメしたくなるほど、このビジネスやこのコミュニティについて良く知ることから始めましょう
  • アップラインや他のメンバーさんとの時間共有を積極的にしましょう
  • 確信を高める習慣を持ちましょう

「報連相」の実践

報連相のための〇〇がモチベーション維持に繋がる

人はどういう時にモチベーションが下がるか?というと



成果が出ない時や成長を感じない時です。
これは当たり前に聞こえますが、事前に認識しておきましょう。

ここを認識すれば、モチベーションが下がらない工夫は簡単です。
成果が出ない時でも、成長を感じるようにすれば良いんです。

では、成長を感じるようにするにはどうすれば良いか?というと

しっかりと記録を付けて定量化すれば良いんです。

定量化していれば、
先週よりも友達承認率が5%改善した!とか
先週は動画提案100件しかできなかったけど、今週は200件できた!
といったように成長を感じることが出来ます。

昨日の友達承認数は数えれても、友達承認率は簡単にはわかりません。
昨日の動画送付件数は覚えていても、先週や先月の動画送付件数は覚えていられません。

昨日より今日、
先週より今週、
先月より今月
の自分の成長を確認する方法は定量化する以外に有りません。

報連相
  • モチベーション維持のためには、成果が出なくても成長を感じる工夫が必要
  • 成長を感じるには定量化が必要
  • 報連相のための定量化がモチベーション維持に繋がる

他のメンバーさんがリクルートをあげられると、どうしても比較して焦りがちです。

比較するべき対象は「過去の自分」であり「他人」ではないということを絶対に覚えておいて下さい。

上手な質問の仕方

自分にとって、アップラインとのやりとりは1対1かもしれませんが、組織の上にいけばいくほど、そのアップラインはより多くのメンバーをサポートしています(1対チーム)

つまり、自分がアップラインに質問したりアドバイスをもらっている間は、そのアップラインは自分以外のメンバーのサポートや、組織全体のリーダーシップを止めて時間を割いています

アップラインの時間を不必要にもらうことは一見自分にとって成功への近道のように見えるかもしれませんが、それにより組織全体が停滞することは自分や自分の組織も停滞させることになり、大きなマイナスになります

組織全体が盛り下がっていたら、自分の組織を盛り上げるのは大変だと思います

アップラインというリソースをチームが最大限有効に活用するために、質問をする際は、「スクリーンショットを添えて」することを心がけましょう

パソコンやアプリの操作、Googleで調べれば分かるような質問は、
まず自分で調べてみて、分からない画面を「スクショ」
して直上アップラインをメンションのうえ個別サポートグループで聞くようにお願いします

メッセージのやりとりの添削をお願いする際も、アップラインに極力負担をかけないように、ご自身の返信案を添えて、必ず「スクショ」とセットで質問をお願いします

相手を思いやる”愛の有る質問”をお願いします

返信案を添えることがアップラインへの配慮に富んでいるという意味で優れているのはもちろん、ここでご自身で返信案を考えることが一番ご自身の成長に繋がります
直ぐにアップラインへの質問無しで返信出来るようになるので、活動が加速します。


アップラインも自分も、同じ金額を支払い、限られた時間のなかで活動する【個別の代理店】です

ビジネスオーナーとしてお互いを思いやり、感謝し、配慮し、気持ちの良い協力関係を築いていきましょう!

※関連記事「質問をすることは”本当に”申し訳ないことなのか?」も併せてお読みください

  【報連相~上手な質問の仕方~
  • 必ずスクショを添える
  • ご自身の成長のためにもまずは自分で返信案を考える
  • 協力を得やすい、相手への思いやりにあふれる”愛の有る質問”をする

以上が、成果が出やすい人出にくい人の5つの違いの実践編です。
ご不明な点など、大丈夫でしょうか?

さいごに

次のミーティングの日程調整

直上アップラインとミーティングの日程調整をしてください。
さらに上のアップラインにもご参加いただく場合は、三者でご調整ください。

LINEのスケジュール機能を利用して、リマインダーをセットしましょう!

※前回は直上アップラインが代わりにセットしてくださったと思いますが、
今回からはご自身でリマインダーをセットしましょう。

次にスタートアップミーティング2の資料を読む予定を立てましょう

LINEのスケジュール機能を利用して、一ヶ月後の今日に「スタートアップミーティング2再読」というリマインダーをセットしましょう!

一ヶ月後にリマインドがかかったら、その一か月後に再設定しましょう。

次のミーティングまでにやること

繰り返しになりますが、ミーティングの際は、「次のミーティングまでにやるべきこと」を必ずToDoリストとして毎回アウトプットするようにしましょう。

今回も「次のミーティングまでにやるべきこと」を以下にお示しします。
コピペでも結構ですので、個別サポートグループへアウトプットしてください。

次回以降はご自身でミーティング中にメモを取り、次のミーティングまでのToDoを個別サポートグループにアウトプットする習慣にしてください。

日付も記入しておくと、検索時に便利です。

お願い

個別サポートグループのアイコンをご自身のお顔の分かる写真にしていただけると大変助かります!

以上、引き続き変わることを楽しんでいきましょう!

 

自分の人生を生きる
いわゆる「人生のレール」を進み続けることに疑問を持った私が、夢の実現を志す仲間たちと切磋琢磨しながら自己成長と新たな収入源の構築を可能にしたeach Brandとの出会いをご紹介します。
answers
タイトルとURLをコピーしました